2010年09月10日

香水のつけ方

香水のビンを開けたときのかぐわしい香りはだれもがときめくことでしょう。

 でも、香水のつけ方で、せっかくの匂いが変わってきます。


 体につけるときは、まず、汗ばんでない、シャワーから出たてのときなど、お肌がきれいなときにつけましょう。そうでないと、香水は、汗の匂いとまざってしまいます。

 よく、フランス人はお風呂に入らないから香水をつけるのだ、といわれますが、清潔な状態でつけたいですね。


 つけ方のタイミングは、香水を香らせたい20分から30分前といわれます。

 トップノートより、ミドルノートが香るくらいの時間に合わせてつけておくとよいそうです。


 では、量はどのくらいがよいでしょう。

 つけ方のポイントは、パルファン(香水)は点、オー・ド・パルファンは線、オー・デ・コロンは面で、お肌を湿らせる程度につけるとよいといいます。強くこすりつけたりしないのがポイントです。


 香水のつけ方としては、わきの下などの汗をかきやすいところは避けましょう。

 体温の高い、大きな血管のあるところが、本来の香りになるといいます。ひじの内側は、体温が高く、良い感じで揮発します。

 体温の低い耳たぶは、あまり効果がありませんが、耳の後ろや、首筋につけるのは効果的です。

 匂いが強い感じの香水のつけ方としては、足首や、ひざの裏などの下半身につけると、香りが下から上に蒸発して、まろやかになっていきます。

 お肌にじかにつけるときは、直射日光で、しみにならないようにしましょう。

 空中噴霧して軽く浴びるという方法もあります。


 香水のつけ方は、あくまでも上品に、ほんのりと。つけすぎは逆効果です。

お肌の質や、年齢、そのときの温度や湿度、つける位置によって変わってくるので、研究して調節しましょう。


 デートや、バカンス、オフィス、ディナー、そしてくつろぎの時と、いろんな場や時に応じてつけ方もつかい分けたいものですね。
posted by minic at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。